走行中の集中豪雨の危険

自動車の運転で気をつけなければならないのが天候の変化です。
最近の異常気象もあり天気が急に変わって集中豪雨にあうこともしばしばあります。そのような場合はどのように対処すればいいでしょうか。
まずこれだけ雨が降るとさすがに視界が悪くなります。場合によっては数メートル先が見えないという状況にもなります。

???? Vol.124 ????????                                                                       
運転手はこのような状況変化を的確に判断しなければなりません。
まず道路の状況です。路面が濡れ始めるとタイヤが滑りやすくなるので注意が必要です。それは路面の汚れ等が雨によって浮いてきて滑りやすくなるためです。
そして水が溜まり出すとハイドロプレーニング現象などが起こることも考えられます。いずれにしても速度を落とすなど判断しなければなりません。
これが豪雨となると水が溜まってしまうことも考えられます。最悪の場合は水没してしまう危険性もあります。
特に川沿いを走行しているような場合は川からの水の氾濫などにも注意する必要があります。
また街中でも排水よりも降雨の方が多くなると水を流しきれなくなり溜まってしまうこともあります。場所によって線路の高架下など地下になっている部分はとても注意が必要です。
また山沿いの道も土砂崩れの危険性があります。

コメントは受け付けていません。