集中豪雨で立ち往生したら

集中豪雨に合い道路の浸水が始まったら、車を停車させてエンジンをきりましょう。車はある程度の浸水には耐えられるよう設計されていますが無理をして走行すると、走行している水たまりが思いのほか深いことがあったり、走行が早いために水がたくさん巻き上がりエンジンに侵入してエンジントラブルを引き起こす可能性もあります。また水が引いたからといってエンジンを掛けるのも止めましょう。感電の危険性もあります。
犬01                                                                  

集中豪雨で立ち往生したら、車を停車してエンジンを切ったら避難しなければいけません。あわてず避難経路を考えて動かなければなりません。ドアが水圧で開かなくなる前までにドアを開いて車外にでましょう。その際に注意しなければならない点は、車の進行方向とは逆に戻ることです。水かさが増えているため、道路の状況が分りにくいので一歩一歩足場を確認しながら避難します。浸水によってマンホールのふたが外れていたり、濁って地面のないところに足を踏み込んでしまい怪我をする恐れがあるため注意して進行進行してください。
また、道路が浸水しやすい場所は高低差のあるアンダーパスなどで起きやすいため、集中豪雨が始まった際などは、前もって侵入しないことも重要です。

コメントは受け付けていません。