落石、崖崩れの時の対処方法

クルマを運転しているときには、常に身の危険がせまっているといった意識が必要になります。危険察知能力が高いほど、自分の身を守ることができます。走行中は事故のリスクと自然災害によるリスクを背負っているのです。どちらの場合でも、運転者が適切な対応をすることで未然に防ぐことができます。

犬13
梅雨などで、雨が降り続いたときには地盤がゆるくなることもあります。また、山道を走行していると落石に遭遇することもあります。こういったときには、頭上に注意をするのではなく道路に落ちている岩などに注意を払いましょう。注意の看板が立っているところでは、特に慎重に対処をする必要性があります。また、崖崩れがおきそうな環境では無理に進むべきではありません。迂回路があるときには、迂回路を通るのが安全だといえます。無理な走行をすれば、最悪なトラブルに巻き込まれる危険性も高まります。
クルマを運転するときには、常に状況判断が求められます。悪走路を運転するときには細心の注意を払いましょう。また、雨天時にはスピードの出しすぎによるスリップに注意しましょう。通常出している速度よりも、速度を落として運転することを心がけるとトラブルにあう確率も下がります。

コメントは受け付けていません。