車が水没した場合の脱出方法

車が水没した場合の脱出方法としてはいくつかありますが、落ち着いて行動することが重要になります。
まだ水面がウインドウガラスより低い場合はウインドウガラスを開けることができるか試します。開くのであればそこから脱出して天井に登り、救助を待ちます。
近年はパワーウインドウが防水加工されていることも多いですが、浸水によって電気系統に異常が起きた場合や、水圧でウインドウを開けることができなかった場合、緊急脱出用のハンマーを使ってウインドウを割り、そこから天井に登ります。
犬08

もしハンマーを用意していなかった場合でも、シートベルトの金属部など、固いものを叩き付けることで割れることもあります。
ガラスが開けられず、割ることもできない場合、そのままの状態では外に出ることはできません。水圧が強いため、ドアを開けようとしてもビクともしません。次第に浸水してきますが、それでも慌てないようにします。浸水が進み、水面と社内の水位の高さが同程度になってくるとドアにかかる水圧が小さくなります。このときにドアを開くことができるようになるため、力を入れてドアを開き、脱出します。浸水時に慌ててドアを開けようと力を入れ続けてしまうと、ドアを開けるタイミングで疲れて十分な力が入らなくなる恐れがあるので注意します。

コメントは受け付けていません。