降雪・降雨・濃霧の時の対処方法

車を走行中に自然災害に見舞われることがあります。車は便利なツールですが、正しく使用しないと狂気にもなりうる危険な道具でもあります。そこで自然災害に見舞われた場合の適切な対処法をご紹介します。
まず降雪です。スタットレスタイヤに交換するかチェーンを携行しましょう。また、たいへん滑りやすいので急ブレーキ、急ハンドル、急停車など急のつく動作は厳禁です。

犬11
降雨は最もよくある現象でしょう。水のたまっている道路を高速で走行すると、タイヤの溝や水たまりの深さによってタイヤの排水作用が限界を超えタイヤが水に浮いた状態となり、ハンドル・ブレーキ操作が効かなくなるハイドロプレーニング現象が起こることがあります。雨の日は速度を落として走行するなど、状況に合わせた走行が必要です。
寒暖の差が激しい朝に発生しやすいのが濃霧です。視界や道路状況に応じて安全な速度に減速しましょう。また、昼間でもフォグランプ、下向きの前照灯、車幅灯を付けて、存在を他の車や歩行者にアピールしましょう。場合によってデリニェーターやレーンマークで確認しながら運転しましょう。
自然災害はいつ起こるかわかりません。いつ遭遇しても大丈夫なように、上記のような対処法を頭において運転しましょう。

コメントは受け付けていません。